■お知らせ

2018-01-31 10:33:00

演題   : 中央区初めて物語

講師   : 水野 雅生 氏

      NPO法人築地居留地研究会 理事長
                 ミズノプリンティングミュージアム 館長 


Let’s find our roots in Tukiji
創立の地を訪ねよう 「築地居留地と伝道・教育・医療」

 

東京の下町である日本橋、銀座、築地、石川島一帯は江戸文化の発祥地、

また明治における西洋文化の発祥の地であり、

常に時代の先端を行く街として発展してきた。

江戸後期の日本橋の長崎屋の話から始まり、

明治維新になると欧米文化の着陸地点なった築地居留地には

アメリカなど十数か国に余る公使館や領事館の設立。

明治6年。禁教令の高札がおり各宗派の宣教師が海外から集まって、

布教や伝道に活躍し、ミッションスクールを開設するなど

まさに日本の文化と西洋諸国の文化を超えたグローバル文化が

形成される現代において、

今一度その源泉とは何かについて考える切っ掛けになればと思っています。