■お知らせ

2016-07-29 16:14:00

演題  建築にみる近代、日本橋」 
            ―明治“文明開化”から戦前期を中心にー

講師  畑田尚子 

       清水建設株式会社 コーポレート・コミュニケ-ション部

 

 時代や社会の変化とともに、街や都市の風景はその時々にその表情を変えてきた。
とりわけ、明治の文明開化以降、近代国家へと足早にその歩みを進める中で、

それは建造物の上にも新たな造形を創り出し、街の風景を一新させてきた。
「建築」は、時代の特徴をもっともよく示す文化の一つであろう。

 日本橋もまた、時代や文化とともに大きくその様相を変えてきた街の一つである。
明治から戦前期までの間に建てられ現存する建物は、残念ながら僅かになったが、

街を飾ってきた名建築を辿りながら、日本橋という街の変遷を探訪する。