■お知らせ

2015-12-02 14:08:00

演題 : 体を温めると病気が防げる

講師 : 石原結實  イシハラクリニック院長

 

 この50年で日本人の体温は1℃も低下し、

そのことが代謝を落とし免疫力を低下させ、

高脂血症・高血糖・肥満・高血圧(メタボリック症候群)や

ガン(ガン細胞は35℃の体温で最も増殖)の大きな要因になっている。
 

 病気を予防し改善するには体を温めること、また患部を温めることが肝要だ。

体を温める方法(食物、運動、入浴・・・)や

患部を温める方法(生姜湿布、ビワ葉温灸・・・)などについて説明する。