■お知らせ

2018-11-30 16:58:00

演題 :「気」の強い食べ物が健康を作り、病気を治す

講師 : 石原 結實 氏 

       イシハラクリニック院長

 

 心電図、脳波、筋電図などから考えても、

我々の臓器・組織・細胞は「電“気”」で働いていることが分かる。

漢方医学でも、体内を縦と横に走る気(経脈、絡脈)の交叉する所を

「ツボ」といい、ここを刺激することで気の流れをよくし、

体を活性化させて病気を治す。

体内の「気」を横溢させスムーズに流れるようにすることが、

健康を作り、病気を治すために最も重要だ。

それには、運動、入浴、マッサージ、鍼灸・・・ももちろん役立つ。

その上に「気」の強い食べ物(玄米、海藻、漬物、魚介類、自然塩・・・)

摂取が更に重要になってくる。
 

 「気」の強い食べ物の一覧表を講演当日にお渡しする。