■お知らせ

2018-06-29 15:53:00

演題 : 憲法改正の意義と課題 - 自衛隊の明記を中心に

 

講師 : 阪田 雅裕 氏 

      アンダーソン・毛利・友常法律事務所 顧問
 

安倍総理は、昨年、自衛隊の明記等の憲法改正を目指すことを公言した。

モリカケ問題の再燃などから、総理が企図したスケジュール通りに

改憲手続きが進む状況ではなくなったが、政権は、今も改憲の旗を掲げ続けている。
 

日本国憲法はなぜ改正されなかったのかを探り、自衛隊の明記のほか、

高等教育の無償化、参議院選の合区の解消、国家緊急事態条項の創設など、

具体的なテーマに即して改憲の意義とその要否を考えたい。