■お知らせ

2017-10-31 09:59:00

演題 : 五感で鑑賞 浮世絵・版画

 

講師 : 高橋 由貴子 氏

     東京伝統木版画工芸協同組合 理事長

 

 

 
 江戸時代後期、庶民文化の情報ツールとして生まれた浮世絵版画は、

絵師、彫師、摺師の分業で制作され、その色彩の美しさから

東錦絵(あずまにしきえ)とも呼ばれ人々の生活に潤いを与えてきました。

世界が賞賛する浮世絵版画は、日本が温暖湿潤地帯に位置し

四季をもつ島国だからこそ生まれるべくして生まれた

我が国特産の工芸品のひとつといえましょう。

 四季折々の美しい風物に絵師が筆をとり、

彫師、摺師たちが精緻な技でそれらは再現する。

そして、それに必要な良質な材料(版木、紙)が

豊かにあったことが大きな要因です。

 また、何よりもそれら作品を日々の生活の中で

あたりまえのように楽しむ日本人の高い知性と感性が

絵師、職人たちにの仕事に一層の拍車をかけたのです。