■お知らせ

2016-08-31 09:49:00

 講師 : 吉田 勘彌  

         文楽人形遣い

 演題 : 文楽人形の魅力は”精緻さ”にある

 

 人形浄瑠璃文楽は世界で唯一『三人遣い』の大人向けの人形劇です。
 一体の人形を主遣い、左遣い、足遣いの三人で遣うことによって

 『役』の心理表現を複雑に精緻にすることができます。
 

 主遣いは顔を出し、紋付き袴姿の正装で、

 左遣い、足遣い黒衣に身を隠し

 主遣いの出す『図』というサインに従って息を合わせ、

 人形はまるで生きているかの如く動くのです。


 文楽人形遣いの立場から、舞台の上では見ることのできない

 『文楽人形の魅力』をご紹介したいと思います。